CSR

  1. ホーム
  2. CSR
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

地域・社会への貢献を通して信頼される企業を目指してまいります。

企業は、地域や社会そして地球にも密接なつながりを持ち、そ の一員として存続しています。そして私たちメイコーは、これらに 対して果たすべき役割は何かということを常に意識し、社会から 受け入れられ信頼される企業になることを目指しています。また、 その成果を積極的に開示し、ステークホルダーの方々とのコミュ ニケーションを通して、さらなる価値を創造していくことが重要な 社会的責任であると考えています。

たとえば、環境破壊や資源・ エネルギー問題、人権問題、自然災害や食糧問題など、世界で 様々な問題が起こっていますが、これらは人類共通のテーマとし て国際機関、各国政府、企業、そしてすべての人々が連携して 各々の役割を果たしていくことが求められます。メイコーも自らが 果たすべき役割をしっかり認識し、真剣に取り組んでいます。

 事業活動において、メイコーは生産プロセスから 発生する環境負荷を低減し、資源効率を高めて持 続可能な社会の構築に貢献しています。また製品 面では、環境社会の実現に貢献する太陽光発電、 ハイブリッドカーや電気自動車等の重要な部品とし て、また自動車運転における安全や安心を実現する 基板として大電流基板や高放熱基板、高周波基板 などの製品化をおこなっています。さらにサプライ チェーンについても、低コストだけでなく資源の枯渇 や生態系の劣化を考慮した調達活動をおこなって います。また内戦や民族対立が発生する地域の「紛 争鉱物」 や「児童労働」などについても、その地域や 企業からの資材調達を排除するグループ方針を 定めています。コンプライアンスについても、世界の 多様な規範や倫理を尊重して、規定やマニュアルを 整備し全従業員への周知徹底を図っています。メイコーの従業員一人ひとりが、世界基準のCSRを 意識し取り組みを進めています。

 また、メイコーは、福島工場の敷地内に2015年6月 に開設した「ソーラーパーク福島」の隣接した空地に 太陽光パネルの増設工事が完成し、2017年4月に 発電を開始しました。

今回の発電設備は、敷地面積約7,500㎡にソー ラーパネル2,016枚を使用したもので、出力が534kw となり現在の設備と合わせて約3000kwの発電規模 となります。現在の発電設備は毎月安定した発電を おこなっていますが、新発電設備の稼動によりさらに 事業規模が拡大することになります。

東日本大震災以降、福島県と広野町が積極的に 進めている、再生可能エネルギーの普及活動や地 球環境と持続可能社会の形成にさらに大きく貢献で きるものとなっています。

今後も皆様のかわらぬご支援とご指導をよろしくお願いいたします。

代表取締役社長名屋 佑一郎

代表取締役社長 名屋 佑一郎