CSR

  1. ホーム
  2. CSR
  3. メイコーが考えるCSR

メイコーが考えるCSR

私たちのお客様は日本のみならず世界へと広がり、おのおのの地域において社会・人々、そして、地球の恵みに支えられています。私たちは常に感謝の念を忘れずCSR活動を推進します。

メイコーのCSR宣言

メイコーは、経営理念に基づき、
良き企業市民として社会的責任を果たし、
事業活動を通じて地球環境と社会の持続的発展に貢献します。

CSR活動の積極的展開および継続

メイコーのCSR活動の根源には「経営理念」とそれに基づく「行動憲章」があります。本業である電子回路基板事業を通じて、お客様に最高の価値とサービスを提供し続けることこそが、持続的な社会への貢献につながると考えています。

ステークホルダーとの共存・共栄

企業は、関係するすべてのステークホルダーとのつながりの中で事業をおこなっています。メイコーでは世界中で働く社員一人ひとりが、CSRをすべての事業活動の中核をなすものと認識し、おのおのの地域で信頼を得られるよう、社会の一員としての責任を果たしてまいります。

ステークホルダーとの共存・共栄

CSR活動推進体制

メイコーのCSR推進体制は、工場、営業所などの事業所を単位とする各サ イト委員と、会社としての横串機能で分けられた各分野委員で構成されています。これによりグループの全領域をカバーしCSR宣言に基づく活動を展開するとともに、すべてのステークホルダーの皆様への誠実な対応を可能にしています。

CSR 活動推進体制

バリューチェーンを通じたメイコーのCSR活動

資材調達、製造を経て製品をお客様にお届けし、研究開発によりさらなる改善を実施する一連の事業活動を通して社会的責任を果たしていくこと。メイコーは、バリューチェーンを通じた一貫性のあるCSR活動により、関係するすべてのステークホルダーから信頼される事業活動に取り組んでまいります。

バリューチェーンを通じたメイコーのCSR活動

コンフリクトフリー調達方針

2012年8月、米国証券取引委員会(SEC)では金融規制改革法にある紛争鉱物条項への実施規則を採択しました。それにより、コンゴ民主共和国およびその隣国産出の鉱物(金、錫、タングステン、タンタル)のうち、流通収益が人権侵害や環境破壊を引き起こす懸念のある鉱物の特定調査が始まりました。メイコーではサプライチェーンにおける紛争鉱物の排除を推進します。EICC/GeSI調査票に基づく調査、回答の開示とそのフォローにより、紛争鉱物を含んだ資材の調達を排除していくことを「コンフリクトフリー調達方針」に定めています。