MEIKO INTRODUCTION

メイコーを知らない方にもわかりやすいよう、
事業について簡単にご紹介させていただきます。

START

Chapter.1みなさまの身近に

A LOT of MEIKO
around you.

メイコーの電子回路基板は、みなさまの身近にある
エレクトロニクス製品に用いられています。
自動車・情報通信・産業機器・アミューズメント・
ホームアプライアンスの分野において、
メイコーはお客様のさまざまなニーズを踏まえながら
多種多様な電子回路基板を製造し、
みなさまの生活に貢献しています。

  • 自動車

    自動車

  • 情報通信

    情報通信

  • 産業機器

    産業機器

  • アミューズメント・ホームアプライアンス

    アミューズメント・ホームアプライアンス

NEXT

Chapter.2メイコーの軌跡

  1. 1970年代

    アーケードゲームの大ブームにより
    発展の礎を築く

    1974年10月、現社長・名屋佑一郎が名幸電子工業(現㈱メイコー)を創業。当時、名屋宅の庭にあった十坪ほどの小屋を整備し、パターン設計、スルーホール基板の製造を開始しました。NCマシンがあるわけでもなく、穴あけはすべて手作業、めっきは外注に出していました。1979年に「スペースインベーダー」と呼ばれるシューティングゲームが大流行し、ゲーム基板を提供することで大波に乗り業績の急上昇が始まりました。

  2. 1980年代

    転機となった10周年

    マルチビデオプロセッサーなど斬新なアイデアから活発に新製品の開発がおこなわれました。1982年に山形名幸電子㈱(現㈱山形メイコー)を設立し、1984年には福島工場の工場用地を確保、1985年には一度も後退することなく創立10周年を迎えました。しかし、同年プラザ合意により円為替レートが急騰、初めての計上赤字を記録。そこで自動車関連での将来性に着目して受注獲得の努力を始め、この大波を乗り切りました。

  3. 1990年代

    名幸電子工業株式会社から
    株式会社メイコーへ

    景気の急変で稼働が先延ばしになっていた福島工場が操業開始。1991年に会社名称を現在の「株式会社メイコー」へ改称しました。同年、バブル崩壊による円高進行の影響で、業界全体が職人芸的な仕事から多額の設備投資を必要とする装置産業へ変化していきました。これに対応すべく山形工場、福島工場で量産体制を整え、為替変動に左右されない安定した経営を実現すべく、中国への進出を決断しました。

  4. 2000年代

    積極的な海外展開

    2000年12月に旧JASDAQ証券取引所へ株式公開。翌年2001年には同業他社に先駆けて海外進出を果たし、中国広州工場が完成しました。2004年には高多層電子回路基板の量産拠点を確保、翌年には旧宮城メイコーを設立しビルドアップ基板の生産拠点を確保しました。2006年には新たに中国武漢工場も完成。2008年に米国サブプライムローン問題の影響でリーマンショックが勃発するも黒字利益という快挙を遂げました。2009年にベトナムEMS工場が稼働を開始。同年に独シュバイツァーエレクトロニック社と業務提携を開始しました。

  5. 2010年代

    東日本大震災を乗り越えて

    2011年の東日本大震災では宮城工場が津波で被災し、福島工場が原発事故の影響により稼働休止に追い込まれました。苦しい中でも稼働再開を目指し懸命な活動を続け、2011年中に福島工場、2013年に石巻分工場(旧宮城工場)が復旧を完了しています。海外においては、新たな量産工場をベトナムに2工場設立し、拡大するスマートフォン向け電子回路基板への需要に応えられる体制を整えました。2015年には福島工場敷地内に太陽光発電所「メイコーソーラーパーク福島」を開設、太陽光発電事業をスタートしました。

NEXT

Chapter.3メイコーの技術力

メイコーには、自動車の基板からスマートフォンの基板まで幅広い実績と高い技術力があり、
その技術を組み合わせて新しい要求に対応していくことが可能です。

安全制御を支える技術

安全制御を支える技術

従来より“人の命を乗せて走るクルマ”に使用する基板の品質基準は非常に厳しく設定されていますが、メイコーでは1980年代から自動車メーカー様とのお取引を継続しており、その経験に基づいた確かな技術と信頼があります。メイコーでは車のADAS(アドバンスト・ドライバー・アシスタンス・システム)に使用される電子回路基板を作っています。 ADASとは「先進運転支援システム」のことで、事故などの可能性を事前に検知し回避するシステムです。

情報通信を支える技術

情報通信を支える技術

メイコーの開発した基板は、次世代の通信社会を実現するためになくてはならない高速回線対応の特長を持っています。次世代の通信社会では、どれだけスピーディーな情報のやり取りができるかが重要になってくるでしょう。メイコーではスマートフォンをはじめとする通信機器向けの、高密度高配線でハイスペックな電子回路基板や、その基地局で使用する基板も作っており、次世代のインフラを支える実力を持っています。

近い将来、すべてのものがインターネットにつながるIoTの時代がやってきます。
次世代に向けて、メイコーは今まで誰も考え付かなかった新しい発想をもって、より良い社会の実現に貢献していきます。

NEXT

Chapter.4メイコーのCSR活動

お客様とともに地域・まちの未来へ貢献リコーフューチャーハウスへ教材基板を提供

  • リコーフューチャーハウスへ教材基板を提供
  • 外層回路工程

メイコーでは、(株)リコー様の新事業である「リコーフューチャーハウス」へ教材提供をおこなっています。「リコーフューチャーハウス」は家をデザインコンセプトにしながら、地域・まちとともに未来へ向けたビジネスを創造する場です。3階には将来の科学者・技術者を育てる小中学生向けの科学技術体験学習施設があります。この学習施設では、電子工作をおこないロボットを作るなどのワークショップが開催されており、その中ではメイコーの電子回路基板が使用されています。地域・まちへの貢献の一環として、特別に電子回路基板の無償提供をおこなっています。

環境負荷低減を通じた地域社会への貢献「メイコーソーラーパーク福島」で太陽光発電を開始

「メイコーソーラーパーク福島」で太陽光発電を開始

メイコーは、福島工場の東日本大震災および原子力発電所事故からの復興と、再生可能エネルギーの導入による環境負荷低減を通した地域と社会への貢献を目的として、福島工場敷地内に太陽光発電所を建設し2015年6月より発電を開始しました。この発電所の稼働によって、東日本大震災以降福島県と広野町が積極的に進めている再生可能エネルギーの普及活動と地球環境と持続可能社会の形成に貢献していく計画です。

NEXT

Chapter.5お客様からの表彰

お客様のニーズに応え、幅広い分野で評価をいただいています。

  • パナソニックAIS社様より
    ベストサプライヤーに認定されました

    メイコーの広州工場と武漢工場は、2015年度の品質改善の取り組みが評価されたためパナソニックAIS社様の「ベストサプライヤー」に認定されました。

    パナソニックAIS社様よりベストサプライヤーに認定されました

  • トヨタ自動車様より
    「工程内不良3ゼロ活動 優秀賞」をいただきました

    品質確保に向け工程内不良発生ゼロ・流出ゼロ・再発ゼロの活動に対して精力的に取り組み、品質目標を達成したことから優秀賞をいただきました。

    トヨタ自動車様より「工程内不良3ゼロ活動 優秀賞」をいただきました

  • 三星電子越南社様より
    THE BEST PARTNER IN 2015を受賞しました

    メイコーのベトナム工場は、三星電子越南者様のパートナー60社の中から環境・安全分野において1位に評価され、ベストパートナー賞をいただきました。

    品質確保に向け工程内不良発生ゼロ・流出ゼロ・再発ゼロの活動に対して精力的に取り組み、品質目標を達成したことから優秀賞をいただきました。

  • 富士ゼロックス社様より
    6年連続でプレミアパートナーに認定されました

    富士ゼロックス㈱調達パートナーフォーラム2016にて、メイコーはプレミアパートナーに認定され、基板メーカーではメイコーが唯一の認定企業となりました。

    富士ゼロックス社様より6年連続でプレミアパートナーに認定されました

最初へ戻る