ABOUT MEIKO企業情報

  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. コンプライアンス

コンプライアンス

メイコーグループでは、コンプライアンスを経営における重要な課題の一つと位置づけ、従業員一人ひとりが法令を遵守し、社会倫理やモラルに則った企業活動を行っています。そのため「メイコーグループ企業行動憲章」および「企業行動規範」により活動の基準を示すとともに、「コンプライアンス規程」で活動の枠組みを、「コンプライアンスマニュアル」にて、より具体的な企業・社員としての遵守事項を説明しています。

コンプライアンス推進体制

コンプライアンス活動への取り組みとして、コンプライアンス委員会を設置し「コンプライアンス規程」「コンプライアンスマニュアル」を制定しています。さらに内部通報制度も導入し従業員から直接連絡を受けるヘルプラインも設置しています。これによる通報は、必要に応じてコンプライアンス委員会にて内容を審議し、対策を検討しています。

コンプライアンス組織図

ヘルプラインの設置

コンプライアンス違反またはその恐れのある事態を発見した場合、気軽に相談・申告できる内部通報制度(ヘルプライン)を設置しています。通報したことにより通報者が不利益を被ることのないよう情報保護・調査には特段の配慮を行い、匿名での通報も受け付けています。

コンプライアンス教育の実施

メイコーはコンプライアンスの考え方が全役員・社員および全組織に周知され浸透してこそ生きると考え、コンプライアンス教育を実施しています。四半期の決算ごとに全社員に向けてインサイダー取引に関する注意を行うほか、「コンプライアンスハンドブック」を全社員へ配布し、社内イントラにも掲載しています。ハンドブックには経営理念、メイコーグループ企業行動憲章および会社・社員としての遵守事項が掲載されており、誰もが直面する可能性のある50の事例について、ケーススタディ形式で紹介しています。

コンプライアンス教育の実施