製品・ソリューションIMAGING
EQUIPMENT
映像関連機器 開発・製造

  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. 映像関連機器 開発・製造

「マルチビジョンシステム」により、様々な情報把握に大きな効果

世界初のマルチビジョンシステムの映像拡大装置(プロセッサ)、およびマトリクススイッチャーや
コンバータなどの周辺機器を開発・製造し、国内はもとより海外においても数多く採用されています。

40年弱の歴史を持つメイコーの映像機器

当社の映像機器事業は1981年に世界で初めてマルチビジョンプロセッサを開発し、防災センターなどの監視システム、駅や空港などの大型表示システムで採用されてきました。
このマルチビジョンプロセッサを使用した「マルチビジョンシステム」は、ディスプレイを複数並べた大型スクリーンをソフトウェアで制御するもので、スクリーン全体を使って大きな映像を映し出すことはもちろん、個々のディスプレイに異なった映像を映し出すことが可能です。
映像の切り替えは一瞬で、36面、42面といった大型スクリーンの制御を可能にし、広告媒体や道路情報、災害情報などの掌握に非常に大きな効果をもたらしてきました。

現在もあらゆる監視システムを中心にプロセッサやスイッチャー等のハードウェア、お客様の仕様に合わせた操作用ソフトウェア、及びシステムソリューションを御提供させていただいております。

当時開発されたマルチビジョンシステム
当時開発されたマルチビジョンシステム

主な納入実績・お客様の声

全国の警察、消防、防災センター、国土交通省様の道路、河川、ダム、火山、地震などの監視システムを始め、電力、道路、鉄道、空港などの社会インフラ設備や民間企業の危機管理システムなどの幅広い分野でご使用いただいています。近年ではIPカメラと連携したセキュリティシステムのプロセッサや操作用ソフトウェアにおいて高い評価をいただいております。

これからの活用分野

新たにストリーミングプロセッサ「MSP-44」を開発中です。本製品はIPストリームで入力された映像信号を4Kや8Kの高精細な映像信号を出力できる製品です。今後、需要が増していく4K8Kの映像表示で監視や医療、デジタルサイネージなどのあらゆる分野で貢献していきます。

店舗のショールームや銀行・証券会社などの監視システムでご使用いただくことを想定しています。将来的には警備会社と連携したセキュリティシステムの構築も可能と考えています。

次世代ビデオウォールプロセッサ
次世代ビデオウォールプロセッサ

映像機器部サイトへ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせに対する返信につきましては、その内容や時期等によりお時間をいただく場合、もしくは明確な回答ができない場合がございますので、その点はご了承ください。また、弊社から返信致しましたメールを、弊社の許可なくメールの一部または全部を転載したり、二次利用することはご遠慮ください。