BLOG

プリント基板製造BLOG

基板の製造工程

誰でもわかるプリント基板の製造工程 ⑦表面処理

誰でもわかるプリント基板の製造工程 ⑦表面処理

ようこそMEIKO Laboへ。

メイコーTVでプリント基板の製造工程の動画の第7弾がアップロードされました。

第7弾は「表面処理」についてご説明しております。

今回もMEIKO LaboのブログではメイコーTVの総集編と動画内でお話できなかった内容を記述していきます。

また、プリント基板の基礎をまとめた”超初心者向けの再生リスト“も作成しましたので、

プリント基板を知っている方も知らない方も是非ご覧ください。

1.表面処理といえば…

プリント基板の表面処理には水溶性プリフラックスや金めっき、半田レベラーなど様々な種類があります。

金めっきや半田レベラーなどはワークサイズでの加工となる為、外形加工前に、

フラックスやスズメッキは外形加工後に表面処理を行います。

以前、MEIKO Laboのブログでもプリント基板の表面処理の種類についてご紹介したことがありますのでぜひご覧ください。

URL:https://www.meiko-elec.com/labo/blog/646

2..近年の表面処理事情

近年、車載関連のプリント基板はスズめっきという表面処理が主流になってきており、

半田レベラーを使用することは少なくなってきました。

ちなみに、MEIKO Laboでご注文頂いたプリント基板の中で最も採用されているのは水溶性プリフラックスです。

保管期間は短いですが、加工費、加工性、信頼性の面で高評価をいただいております。

 

3.まとめ

詳しい内容はメイコーTVをご覧ください。次回は「最終検査」と「出荷」についてご説明いたします。

プリント基板の設計、試作、製造、部品実装をご検討の方はMEIKO Laboへお問合せくださいませ。

 

※当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。

大手企業のお客様はもちろんのこと、
大学や研究所、ベンチャー企業のお客様からの相談もお受けしております。
また、設計会社や部品商社のお客様からの単発のご注文も賜わりますので、
お気軽に技術相談に連絡ください。
Challenge and contribute
to the evolution of electronics

エレクトロニクスの進化に挑戦し貢献する