プリント基板製造BLOG

プリント基板専業大手といえばメイコー

プリント基板製造BLOG

プリント基板専業大手といえばメイコー

ようこそMEIKO Laboへ。

ここではMEIKO Laboを運営する(株)メイコーの紹介をしていきたいと思います。
プリント基板業界の中では有名なメイコーですが、BtoCの会社ではないので一般的には知られていないと思います。

 

1. メイコーの創業ストーリー

(株)メイコーは昭和50年に、神奈川県綾瀬市でプリント基板の製造事業を開始しました。創業社長の名屋佑一郎が、当時、名屋宅の庭にあった10帖ほどの小屋を整備し、パターン設計からスルーホール基板の製造をおこなったところがスタートです。創業社長、名屋佑一郎は今でも現役の社長です。そして、今でも創業の地の綾瀬市が本社です。

2. 売上規模、実は日本一

メイコーの連結売上高は約1,200億円、連結従業員は約1.2万人です。実はメイコーはリジッド基板のメーカーとしては日本一の売上規模を誇ります。
メイコーのプリント基板製造工場は、神奈川工場、福島工場、山形工場、石巻工場と、中国の広州工場、武漢工場、ベトナムのタクタット工場、タンロン工場の計8工場があります。

3. いつの時代も身近なところに

メイコーのプリント基板は、時代の流行を上手くとらえています。テレビゲームの流行時は、家庭用ゲーム機のプリント基板を、地デジに移行するタイミングではテレビのプリント基板を製造していました。また、過去には折り曲げ式の携帯電話のプリント基板を製造していましたが、現在はスマートフォンのプリント基板を製造しています。

4. まとめ

さまざまな電化製品に利用されているメイコーのプリント基板。きっと知らない間にメイコーのプリント基板を手にしていたと思います。近い未来に流行する製品には、もしかしたらメイコーが関わっているかもしれません。

 

おすすめ記事

先端技術解説:5Gとミリ波、プリント基板の変化点

先端技術解説:5Gとミリ波、プリント基板の変化点

ようこそMEIKO Laboへ。 高速・大容量が特徴の次世代通信規格「5G」の商用サービスが2020年3月から日本ではじまりました。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社が5G商用サービスを開始しており、5G対応のスマートフォンも発売されています。 ここでは5Gや高周波、ミリ波の違いや、プリント基板がどう変わっているのかと、各用途に利用されるプリント基板の種類を紹介していきたい.

超初心者向けプリント基板の基礎知識:主材料

超初心者向けプリント基板の基礎知識:主材料

ようこそMEIKO Laboへ。 プリント基板の基礎知識として、今回は基板に使われる主材料を紹介したいと思います。プリント基板は、とても簡単に言えば銅と樹脂を重ね合わせて出来ているのですが、プリント基板専用材料でしかつくることは出来ません。ここでは、銅張積層板、プリプレグ、銅箔、ソルダーレジストインクについてわかりやすく説明していきます。   目次1. コアとなる材料.

超初心者向けプリント基板の基礎知識

超初心者向けプリント基板の基礎知識

ようこそMEIKO Laboへ。 ここではプリント基板についての基礎の知識を、出来るだけ分かりやすく説明していきます。専門家向けの内容ではないので、詳細な技術的内容はあえてカットしております。今回は超初心者向けに簡単な内容にしていますが、「超初心者向け」のより専門的な内容を各回に分けて掲載していく予定です。   目次1. プリント基板とは?2. プリント基板の種類3. 多層.

超初心者向けプリント基板の基礎知識:表面処理

超初心者向けプリント基板の基礎知識:表面処理

ようこそMEIKO Laboへ。 プリント基板の基礎知識として、今回は基板製造の最終仕上げの工程、「表面処理」についてご紹介したいと思います。「表面処理」は基板が問題なく部品実装されるために重要な意味を持つ工程です。水溶性プリフラックス、はんだレベラー、金めっきなど種類も豊富なので、それぞれを詳しく説明していきたいと思います。   目次1. 表面処理とは?2. 水溶性プレ.