ESG/CSR

  1. ホーム
  2. ESG/CSR
  3. 企業行動憲章

企業行動憲章

  1. 社会的に有用で信頼性の高い製品・サービスを、品質・安全性や顧客情報の保護に十分考慮して開発・提供し、お客様の満足と信頼を獲得いたします。
  2. 創造的な技術開発に挑戦し、新規事業の開拓を行い、豊かな未来に貢献します。
  3. 公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行い、政治・行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
  4. 株主はもとより、お客様・投資家・お取引先・従業員など、さまざまなステークホルダーとのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正・迅速に開示し、企業活動の透明性を高めます。
  5. 従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で活き活きと働きやすい環境を実現します。
  6. 環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、地球環境への負荷を軽減し、持続可能な社会づくりに貢献します。
  7. 良き企業市民として、積極的に研究、教育、環境保全、地域社会奉仕などによる社会貢献活動を行い、反社会的勢力および団体とは断固として対決いたします。
  8. 国際的な事業活動においては、グローバルルールやローカルの法律の遵守はもとより、現地の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献いたします。
  9. 経営トップは、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範のうえ、社内に徹底するとともに、グループ企業や取引先に周知させます。また、社内外の声を常時把握し、実効あるガバナンスの整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図ります。

メイコーグループ行動規範

お客様の満足とステークホルダーからの信頼

お客様の満足を第一に考える経営

メイコーグループの経営は、全てにおいて、「お客様の満足を第一に考える経営」を掲げ、企業活動を行います。


高品質で安全・安心な製品・サービスの提供

 お客様の期待と要望にお応えし、満足いただける製品とサービスを常に提供してまいります。また製品・サービスの安全性や信頼性および品質がより向上するべく、品質方針や製品・サービスを評価する諸規定の策定と見直しを継続的に行います。


お客様の苦情・要望への対応

 全てのお客様からの苦情や要望に対して誠実かつ真摯に対応し、またメイコーグループで共有して製品・サービスの開発や改善に活かします。また、製品・サービスの安全性に関わる情報を得た場合には、速やかにグループ本社品質保証本部に報告し、必要と判断した場合には品質保証担当役員を責任者として原因を究明し、必要な情報をお客様や関係機関に対して迅速かつ分かり易く開示します。


ステークホルダーからの信頼

 企業価値の創造に向け、健全かつ透明性のある企業活動・企業経営に努め、お客様をはじめ、株主や投資家、地域社会等に信頼される企業であり続けることを目指します。また正しい理解と信頼を得るため、経営方針や財務データ等の企業情報を適時かつ適切に開示します。

創造的な技術開発への挑戦

先進的な技術力の向上

 常に研究開発を進め、技術環境の変化に的確に対応できる先進的な技術力の開発・向上に努めます。


困難な課題への挑戦

 事業活動の中で直面する全ての課題を事業及び各個人が成長する機会ととらえ、困難な課題であっても意欲的に取り組み、日々研鑽し問題解決を行います。


知的財産の保護

 特許法、著作権法その他の知的財産権に関する法令を順守し、技術開発等により得られた知的財産を適切に維持、管理して他者に不当に侵害されないよう、その確保に努めます。同様に、他者の保有する知的財産を尊重し、故意にそれを侵害したり、侵害行為に寄与、加担する等の行為を行いません。

公正、透明、自由な競争

公正な取引

 取引先との関係を常に透明なものとし、関係法令の遵守はもとより健全な商慣行や社会通念に従った公正な取引を行います。業界他社との関係においては、公正かつ自由な競争を阻害する行為やそのような行為に該当するとの疑いを招く活動は行いません。


購入先との取引

 常に購買活動の公正を保ち、メイコーグループの利益を最大限に確保しつつ、購入先から高い信頼を得られるよう努めます。関係法令及び契約に従って誠実な取引をおこない、対等な立場で接し、合理的な判断に基づいた選定を行い、個人的な利益や便宜の供与を受けず、また私情をはさみません。


接待・贈答への対応

 購入先など取引先との健全な関係を保つために、冠婚葬祭など社会常識の範囲から逸脱した接待や贈答の授受等、職務に関連した個人的な利益の供与をおこないません。また取引先に対してもこの趣旨を周知徹底するよう努めます。


インサイダー取引の禁止

 重要な未公表の会社情報に基づく、株式や証券の取引は行いません。また、他者(家族、友人、顧客、その他社員)に誘発させることも行いません。


会社資産の適切な管理と使用

 有形の資産や知的財産などの無形の資産を最大限に活用して業績と利益が向上するよう努めます。そのために、グループの資産(有形・無形の資産、パソコンやネットワークを含む)を適正に保全・管理し、事業の向上や社会的責任の遂行を目的とした使用を心がけます。私的な目的など本来の業務以外には使用しません。


適正な会計処理

 会計帳簿や財務関係の記録を始めとする全ての会計処理を適正かつ誠実に行います。誤解を与えたり、事実に反した記録を作成しないように、経理や財務を担当する役員や社員だけでなく、全ての従業員が自らの業務に関する関係法令を遵守します。

会社情報・財産の管理

公正かつ適切な情報の提供

 営業活動、並びにお問い合わせ・サービスなどの対応において、関係する法令や規則を遵守し、製品・サービスの品質、性能、仕様についての事実に反する表示・表現、あるいは、お客様に誤解を与えるおそれがある表現は一切使用しません。


情報の取扱い

 私たちは、情報セキュリティポリシーに基づき、情報の取扱いには細心の注意を払います。当社が保有するお客様情報・情報資産を不正アクセス・災害・犯罪などの脅威から保護するため、セキュリティ強化の施策を実施し、役員・従業員の情報セキュリティに対する意識を高めます。


機密情報の管理

 経営や技術開発・製品開発等の当社の機密情報を適正に管理します。在職中はもちろんのこと、退職後においても会社の許可なく目的以外の使用や第三者への漏洩はいたしません。
また、交通機関や飲食店等の不特定多数が集まる場所で、情報の漏洩に繋がるような会話や書類の確認等はおこないません。


個人情報の保護

 顧客、取引先やビジネスパートナーの従業員、グループ役員・社員の個人のプライバシーを尊重します。また、個人情報は適正な形で取得、利用、管理します。本人の同意を得ることなく、目的外の利用や第三者への開示を行いません。


メディアとの関係・公的発言

 新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・ネット・証券アナリストには広報・IR担当など適切な社員のみを通して公式情報および開示情報を提供いたします。

従業員の人格の尊重、働きやすい職場

人権の尊重

 人種、肌の色、民族、国籍、宗教、思想信条、性別、年齢、性的指向、社会的身分、過去の経歴、障害、病歴、妊娠の有無、配偶者の有無などを理由にした差別を行いません。また互いに人として敬意を払い、相手の立場にたって考え行動します。


強制労働・児童労働の排除

 強制労働はおこないません。また、各国、地域の法令が定める雇用最低年齢に満たない児童を仕事に就かせることはしません。また、公的に発行された身分証明書や個人書類の原本は、正式な同意を得た上でのみ提出を求め、拘束労働に繋がる仕組みを排除します。


働きやすい職場環境

 一人ひとりが持つ能力を最大限に発揮できるよう相互に理解し合い、その多様な資質や専門性を尊重します。メイコーグループの継続的な発展と個人の成長を図るために、互いに人格や個性を尊重し、主体的に行動できる職場環境づくりを行います。


ハラスメント行為の禁止

 性的な言動や職権を盾にした言動など法令やモラルに反する行為が職場で起きないように、お互いに相手の人格を尊重し、自分が投げかける言葉や態度に対して相手がどう感じるか、あるいはどう感じているかを常に意識して行動します。また、職場風土を乱すあらゆる形でのハラスメント行為に対しては断固たる態度で対応します。


プライバシーの保護

 職場や業務を通して知り得た、役員や従業員の個人生活に関する情報を本人の同意なしに社内外に公表しません。


健康で安全な職場環境

 労働関係法令、就業規則をはじめとする人事、雇用に関する社内規定や規律を守ります。また、安全や心身の健康に配慮した安全第一の行動を徹底し、肉体的に過酷な作業を伴う場合は危険を管理するとともに、明るく元気な職場環境と作業環境の改善を図ります。


職場における情報の共有

 職場での円滑でオープンなコミュニケーションによる的確な意思決定をおこなえるように報告、連絡、相談を適時にもれなくおこないます。


虚礼の廃止

 社会常識の範囲での冠婚葬祭におけるやり取りを除き、社内における儀礼的な贈り物などのやり取りを行いません。

地球環境への負の軽減

環境への配慮

 環境に関する国内外の法令等の遵守はもとより、部品の調達、製品の生産過程や物流、使用、リサイクル、廃棄にいたるすべての段階で、地球温暖化防止や地球環境への負荷を低減させるべく省資源、省エネルギー、環境負荷物質の使用削減に努め、環境保全を推進します。 環境に影響をあたえる化学物質や操業により発生する副産物が、大気や土壌、雨水に混入することのないよう適切な管理を行います。


技術革新の推進

 環境負荷低減を可能にする技術革新の推進に努めるとともに、その技術を積極的に活用してまいります。


境意識の向上と責任ある行動

 一人一人が広く社会に目を向け、環境について積極的に学習することで意識向上を図り、自ら責任を持って環境保全活動を進めます。

良き企業市民

法令、社内規則・方針の遵守

 メイコーグループすべての役員・従業員は自らの業務に関連する各国・各地域の全ての法令、規則、社内規則および方針を遵守し、誠実かつ倫理的に企業活動を行います。


政治・宗教活動、勧誘活動

 会社の許可なく社内での政治活動、思想活動、宗教の布教活動、あるいは個人や特定の団体の利益を図るような勧誘活動は行いません。また、社外において個人の資格で活動する場合は会社の名前や役職等を利用しません。


地域との共生

 地域社会から親しまれ信頼される企業になるため、地域社会に密着し、文化と経済の発展に貢献します。


社会貢献活動を重んずる企業風土

 役員と従業員一人一人が常に社会貢献を意識し、身近な社会貢献を進んで実践する企業風土を醸成してまいります。


反社会的勢力の排除

 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、一切の関係を遮断します。不当な要求等を受けた時は、警察などの外部専門機関と緊密に連携し、全社をあげて毅然とした態度で対応いたします。

国際的な事業活動

多様性の理解

 グローバルな事業活動を行うにあたり、地域ごとの文化的な違いに配慮し、地域ごとに異なった考え方があることを十分理解し尊重して業務を遂行します。


リスク管理の徹底

 メイコーグループにおける様々なリスクの把握と未然防止に取り組みます。危機発生の際には、定められた内部の手順に従って迅速に対応します。


平和と安全の維持(紛争鉱物の排除)

 紛争鉱物等、国際的な平和と安全の維持を阻害、またはそのおそれのある材料、部品、製品、技術等の取引はおこないません。

企業倫理の徹底

本行動規範に違反した場合

 本行動規範に違反した場合は、就業規則に基づき、懲戒処分の対象とします。また本行動規範に反していると疑問を感じたり、判断に迷ったときは必ず上司や担当部門に相談します。


内部通報

 上司に相談しても解決できない場合や上司に相談することが難しい場合のために、企業倫理に反する行為や違法な行為に対する通報窓口を設け、通報に真摯に対応します。対応においては、通報者の匿名性を確保し、通報者が嫌がらせや報復を受けないよう徹底を図ります。嫌がらせや報復をした者に対して人事処分を含めて厳正に対処します。


本行動規範の定着に向けた活動

 定期的に職場で研修を行います。また定期的に見直しをおこない周知徹底を図ります。

試作品注文サイト試作品注文サイト

お問い合わせ